私の安息死研究会

結論
性悪説で作られた刑法202条

 
第202条

人を教唆し若しくは幇助して自殺させ、 又は人をその嘱託を受け若しくはその承諾を得て殺した者は、 6月以上7年以下の懲役又は禁錮に処する

2017年3月の文藝春秋誌で橋田壽賀子氏が「安楽死で死なせてください」という発言をされて以来、私たちは安楽死の問題に取組み、200冊近い文献と多数の関係者との対話により研究活動を行ってまいりました。その成果に基づき私たちの研究活動の結論を要約すると次のようになります。

安楽死とは所詮自死・自殺のことである。したがって自殺は無罪であるから、自力で安楽死すれば無罪である。しかし重病のため自力で死ねない場合、医師など第三者の助けが必要である。もし医師が患者本人や家族の要請によって注射で患者を死なせると、刑法202条自殺ほう助罪として有罪となる。このためガンなどの不治の病で苦しんでいる患者や家族はしばしば死なせてほしいと医師に嘆願するが、医師は手を下すことが出来ず板挟みで苦しむ。

しかし考えるとおかしい。刑法は悪事を働く者を処罰するために性悪説に基づいて作られている。患者や家族に嘆願されて注射をする良心的な医師の善行を性悪説に基づく刑法で断罪するのは越権行為である。したがって、「善意でもって患者や家族から懇願されて行った注射などの善行すなわち致死行為は、違法性を阻却されて刑事責任の対象にならない、刑法202条を適用しない」という法的処置が必要である。

安楽死が認められないことによって苦しんでいる多くの患者や家族がおり、また患者や家族の苦しみを見ながら助けることが出来なくて良心の痛みに耐えている大勢の医師がいます。他方、過剰医療により家計や国の財政にむだな経済的負担をかけているという実情があります。しかもその三重苦は全く根拠のない苦しみです。刑法を現場の実情に合わせて適用することにより安楽死を合法化すれば、一石二鳥いや一石三鳥の効果があります。

安楽死問題は今や世界的に大問題となっていますが、ムダな先入観を払拭して頭を冷やして熟考すれば、自ら上記のような解決策が見えてきます。この結論に基づき、私たちは「戦略」コラムの孫子流戦略論で述べたように、大勢の会員を集めて法廷闘争を通して安楽死合法化の道を切り開いて行きたいと決意しています。皆さまのご支援を期待します。

急告!!
2016年カナダ連邦議会は、 刑法の自殺ほう助および同意殺人の全面禁止の規定は 憲法違反であるとして、 この刑法改定によって安楽死を合法化した。
(わが国では、 オランダやスイスの安楽死合法化に ついては報道しきりだが、 どうしてカナダの画期的な合法化政策に 注意しないのか、まったく不思議だ!
参考

安楽死幇助が合法化された カナダの現在
https://www.vice.com/jp/article/bj5zzm/canada-legalized-assisted-suicide-but-there-arent-enough-doctors-to-keep-up-with-demand

日本人が安楽死できるのは世界でスイスのみ 相場は約150~200万円
https://news.livedoor.com/article/detail/14223995/

世界の安楽死概観
http://www.cape.bun.kyoto-u.ac.jp/wp-content/uploads/2018/05/34346740c880a4b7c77b16f46518c83e.pdf

カナダにおける積極的安楽死の合法化に関する研究
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-17K03517/

研究会テーマ発表

  1. HOME
  2. なぜ私の安息死研究か
  3. 私の命は私のもの
  4. 自分の命 一人称の死
  5. 安楽死で死なせてください
  6. 肉体的治療と統合的治療
  7. 死の美学

    ~終わりよければすべてよし~

  8. 人間の神と地球の神
  9. 「サピエンス全史」と地球の神
  10. 安楽死研究遍歴の旅
  11. 研究ノート 安楽死合法化の戦略論
  12. 安楽死参考文献
  13. 性悪説で作られた刑法202条